lifeworksgestaltlogobase

About Me

自分の写真

I teach and practice Gestalt therapy, Career decision coaching, and Family Constellations work. As well as Australia, I teach workshops and training in China, Japan, Korea, the USA & Mexico. I am author of Understanding The Woman In Your Life, a book of advice for men about relationships with women. In my work as director of Lifeworks I provide therapy,  training and supervision. I am a Phd candidate, studying the interpersonal dynamics of power, and am currently director of an MA in Spiritual Psychology for Ryokan College, an accredited online institution based in LA.

2014年8月6日水曜日

Case #100 - 目的はなんでしょう?

ジルは尋ねました「存在する目的とは何でしょう?」と。

これはスピリチュアルな大きい問題であり、ほとんどの人にとって確実にいずれは重要になります。

私はこの問題について自分の見解を持っています。しかし私はその自分の見解を他の人と共有しようとは思いませんでした。

この理由は、まず自分の意見を共有することは、私を権威あるものにしてしまいますが、私はこの質問に関する知識が他の人よりもあるとは思っていないこと、

次に、私の関心はクライアントの見地から始めることにあるからです。

クライアントが無神論者や不可知論者であったとしても、彼らは宇宙論、つまり自分の信念のフレームワークのようなものを持つでしょう。

これらをクライアントから引き出すことは重要です。

それらは少し不明瞭なときもあります。この場合はアクティブな質問やオープンなヒヤリングによりクライアントが何を信じるか特定する助けとなります。また、このような質問についてとても強い信条・信念を持つ人もいるでしょう。

「有益な対話がどのようなものであるかに関してはクライアント自身とクライアントがどこにいるかに強く依存します。

クライアント自身の信念体型を明らかにする手助けが必要かもしれません。

何が現在のクライアントにフィットするかを明らかにするために、クライアントが持っている生まれつきの信念や古い信念体系を壊す手助けが必要かもしれません。

それとも、クライアント自身の信念を明らかにするのを助け、合うかどうかを試すために、クライアントに私のいくつかの信念を提供することが必要かもしれません。

ジルは人生の意味について、いくつか彼女の信念・信条をまとめ上げました。

私は彼女の意見のほとんどに同意しましたが、いくつかの側面においては賛同しませんでした。

私は論争や敵対するようなやり方ではありませんが、このテーマについて対話を成り立たせる一貫として、私との違いを持ちだしました。

私は何が彼女にフィットするかを明らかにし、彼女がどのようなところで現在の彼女の信念体系に対してオープンなれ、興味を持てるようになるか、またどのようなところで矛盾や堅苦しさに直面するかを見るために、彼女が私の言うことを熟考する手助けをしました。

このようにして、私達は先述したような容易に抽象的になり地に足がつかなくなる内容に対してセラピー的な対話を用いることができます。

従って、このような交流の後にもクライアントの今現在、今いる場所における人生の意味合いを明らかにすることにセラピー対話は有用です。これが、地に足をつける手助けをします。

2014年8月2日土曜日

Case #105 - 傾いたとプッシュ

パティは「安定性」の問題ををもたらした 同様に、彼女はそれ以上を望んでいた。これが、彼女のために意味を理解しようとする 彼女は彼女がしばしば疲れを感じたことを述べた しかし同時に、彼女は本当によく休むことができなかった。彼女は、このことについて話を聞いたと 彼女の顔を渡る多くの感情が見えない。このことについて尋ねた しかし、彼女は彼女の無表情の認識ではなかった。

これは数回起こった たびに私は何を見たかについてはコメント。これは我々 が呼ぶ現象報告 - 明らかであることの観察。

それから彼女は、引き裂くために始めた息をする、彼女を招待し、彼女はどのように感じて尋ねた。彼女はほんの少しの悲しみを報告しました。
それが彼女のためにハードを見ることができる 'ダウンしてみましょう' - 身体用語が感情的そして物理的に両方を手放すことを示します。
-実験を提案した従って彼女は私に対して傾くでしょう。
この方法で私は提供していた彼女の '他の誰か' 彼女は、安定しているリレーショナル経験だから彼女は彼女自身に彼女の感情にもっと行くことができます。これは、可能性があります彼女の彼女はその後、自分自身に描くこと強さの源を与えることができます。同時に彼女に彼女の感じをより安全に入ることができます。
これは少しの間働いた彼女は少し泣いた彼女の背中に閉塞を示されます。だからサポート - として-私の手を置くし、彼女はリリースの痛みを感じた。
ただし、何らかの制限があったを言うことができます。彼女はさらに行く自分自身をできるではなかった。
彼女は '自分自身に依存すること」の感覚を報告しました。だから私はその感覚に従った彼女の座っているに招待  彼女は言った - 完全に信用できない男性'。
ゲシュタルトの我々 常に個人的なもの - に一般的な文を作る誰かを招待、' 私は-なた '。
だから私は言った - ' 私は男です。直接教えて '。
彼女は消極的だった、しかしそれをパーソナライズを主張.
その後、彼女は言った-「その私最初の夫 '。
ように明らかにしました。彼女はどのように彼女はいた多くの非常に悪いと失礼な振る舞いから我慢、彼説明しました。何も言わなかったを持っていた。従って彼女は彼女自身の - で怒っていた彼女はしっかりと、彼女の拳を圧迫されました。
'枕の上に彼を置く' 誘わし、彼と話します。
彼女はそれを見つけることそう容易。彼女は自分のせいに慣れていた。彼女は形式で彼に文をフレームの私からの助けが必要:' 怒っているよあなたの '。彼女は非常に長い時間されていた彼女は彼の悪い行動を許可していた自分を怒っています。
ゲシュタルトの自己で監督ではなく 'レトロ フレクション」として他であるエネルギーを参照してください。
彼女の体はこれを行うに慣れていた。
彼の方のエネルギーを指示する彼女のためのより多くのサポートを提供彼女 '私は怒っている私は... 許可' ステートメントを '私は怒っているんすること' ステートメントに変更します。
彼女は自発的に枕を打つ開始でした。しかしひどく困難ではないです。彼女の声はまだややソフトだった。
彼女は明らかに難しいとわかったを本当に彼女の怒りを手放します。
しかし、彼女はより多くの呼吸スペースを感じて報告彼女は手放すことを示した。
彼女は男性の友人の話だった彼女を非常に素晴らしい彼女の彼女はいいではなかったので彼に。
ので、彼女と私はフォーカスをもたらした。私は言った、' 私は気にする' - と彼女は彼女は少し - でそれを取ることができる合意した良い男をだったので。
私はまた言った - ' がすべての人のような利己的な男ができます '。これは彼女の極性 - 同じ人の両方の経験を提供します。ではなく、'良い男と悪者」に分割します。
彼女を取ることが難しかった。
だから私は別の実験に彼女を招待しました。鉱山では、彼女の手の 1 つを取った言った 'を感じて私の世話ですか?'。彼女は消極的だった最初は、しかし、積極的な参加を受け入れるに思いやりのある - 私の手を圧迫する彼女に尋ねた。(しアドレス何サルトルの問題の呼び出し '悪い信仰' - 生活の中で選択していないの受動的な方法)。
それから私は彼女に尋ねた彼女をプッシュ一方他の私の手に対して。だから両方の手は 2 つの異なるものをやっていた。
彼女に私に 2 つのステートメントを作るに招待:
' 私はあなたの世話を受け入れる '
' 私をプッシュあなたの利己主義 '
2 番目の文 '私を傷つける、利己主義を許可されません' を修正しました
この方法で我々 の関係 - 自己保護の両方の要素を格納することができた開放性と栄養。長い間彼女は離れて、男性を押し上げているしかし、感じし、栄養に飢えて関係に入ることはできません。
これは彼女のための統合の経験を提供そして関係の両方の要素を保持する能力。
彼女はより多くの呼吸スペースを感じて報告どのように彼女は男とができる新感覚。

2014年7月27日日曜日

Case #104 - 敏感な若い女性

ルーシーは彼女の感度の問題をもたらした。何に気づいた彼女は、すごく笑顔だった。私は尋ねたかどうか彼女は幸せ... そして、どのようなことは彼女の喜びを与えた 彼女の幸福をもたらした。これは私にいくつかの情報を与えたが 彼女がもたらした問題を接続するとは思えなかった だから私はそれを残しました。時々 このような関心のある人物に立ちます - がセッション後半 または他の回で。

彼女は他の療法の仕事を行っていた 最近、本を読むと それは彼女に彼女の問題が感度以上だったという考えを与えた。彼女はまた男性の出会いに関してこれで心配していた。彼女は簡単に影響を受けたの友情に男性と若い女性 -彼女はすぐに親密な関係に移動したい時点で自分自身を見つけるでしょう。しかし、彼女は彼女の感度は彼女があまりにも速く移動することを意味するかどうかは疑問に思いました 男性側の標識を雇った。彼女の関係はないが続いた長い、彼女は彼女の感度が深まる関係の従事の成功の欠如に貢献していたかどうかは疑問に思いました。

彼女は私のストーリーの数を指示し始めた -若い男性との経験について それが成功していなかった 開業医の閉塞彼女のシステムで作った診断について 彼女は私に教え始めて彼女の両親とはいくつかの他の事項と それらに関連して彼女の未完成の気持ち。

すべてのこれらの物語は関連、されている可能性があります。拡幅区間の感覚界 - あまりにも多く、把握するを感じた あまりにも多くのイメージ あまりにも多くの情報。ゲシュタルトの地面に取り組みます。フォーカス、'1 つ図' を見つけると、セッションで動作します。

だから彼女を中断 (重要な治療スキル)、彼女に言った私を失っていたと 対話、現在に戻るもたらすしたいと 彼女はもたらした問題に焦点を当てます。時々 他 関連性の高い図そのような物語の間に起こる この場合は、それは単に他の余りにも多くの可能性を生成 どれもより多くのエネルギーを持っているように見えた。

私は彼女を招待するように、' ここで、今、私は、なた '-リレーショナル ゲシュタルトの中核です。

私は、彼女の感度をお知らせする彼女に尋ねた そしてそのことについて教えてください。私は、自分自身について何かを言って彼女を期待 しかし、代わりに彼女は彼女は彼女が私の孤独として記述されている - 私の中で気づいた何かについて話しました。

今、これは直接タッチで、だった何かではなかった その時点で。しかし、ゲシュタルト、現代の用語で 我々 のようなもの '投影' のラベルことを好みます。常に真実の穀物を持っているので そこには額面で撮影していたことより貴重な対話。

私自身の経験を見て 私はすぐにタッチで私の孤独ではなかったことを共有し、その真の旅行時間の時間からそれを経験しました。多くの方法で 私対処プロセスはさておき、それを置くだけ関与してください。離れてそれを推進します。

私は尋ねた何彼女の自身の応答を認識する - いくつかの同情を感じた彼女と彼女は言った。私は尋ねた影響について彼女は - 彼女は私の抱擁を与えたいと思った。

今これは分解するのに便利だった。ながら、私は確かに、抱擁を好むかもしれない 特に、私が孤独感に関連して どのような貴重なだった彼女の感度、他の人に焦点を当て - 彼女のプロセスを表示するには 自分から遠ざかって。時々 苦痛で誰かに私の応答が - 抱擁を提供したいが指摘だその場所ようだという事実とするべき多く も必ずしも彼らにとって真実です。彼女の経験から離れて移動することによってことを指摘しました。彼女は、不安定なトランザクションを作成 ある意味で、ほとんど侵襲。

彼女に尋ねたようにフェンスを越えて戻っての 'ステップ' 彼女の経験 - 彼女自身彼女の感度を焦点に注意してください。

これは彼女のための主要な実現だった。彼女の多くの関係では、彼女のために間違って行く傾向があったものについて貴重な情報を与えたと 彼女が異なる行うことができます。

私はまた説明したどのようにゲシュタルトの視点から 彼女の感度は、' 変更 '、何かではなかった しかし所有と受け入れ - より彼女は知っていた自分自身についてその場所で 詳細は完全に彼女は、男性との関係に彼女の特殊性をもたらす可能性が 長所とそれの限界を知っています。

2014年7月6日日曜日

Case #30 - セクシーになってはいけない理由

ブリジットは腰と性器に凍った感覚があると言いました。彼女は5年前に離婚していて、新たな関係は築けずにいました。
彼女は元夫に傷つけられていたと言います。元夫はセックスについて様々な形で力を尽く二人の関係は良い面も沢山ありましたが、彼女は何の役割も果たしていませんでした。
私は彼女に具体的にどの様に傷つけられたかを尋ねると、彼女は明確な答えを出せずにいました。彼女は元夫に心を開くことができなかったので、傷ついたと感じています。
しかし、それは彼が何かをして彼女を傷つけたことにはならないように聞こえました。問題の矛先は違う場所に向けられていたのです。
それから彼女は身体に何も感情を感じないと言いました。
私は私自身の解離した経験を語り、その時は何も感じないという経験をしたことがあると伝えました。
彼女が何も感じないのは、彼女の弟が8歳から16歳の頃、両親から酷く痛めつけられたあたりからだと言いました。彼女の弟が密輸業者に脅されてから、そしてそこから救出されたことを手紙で伝えるまでに5年かかりました。弟はその後、物乞いをしたり盗みを働き刑務所に何度か入り、その彼を助けようとした彼女から物を盗むということをしていました。
15年前、彼女の父親が亡くなった後は、彼女の弟は問題を起こさず良い生活を送っています。
それにも関わらず、彼女は痛みと罪悪感を持ち続け、打ちのめされた感覚に対して何もできずにいました。
私は彼女がその期間、誰も話し相手が居なくて楽にしてくれる人がいなかったことを指摘しました。
彼女がその時受け取った痛みは今もなお存在しています。私は彼女の隣に座り、まるでその時私が彼女と一緒にいて、彼女が助けてもらっていることを感じることができるよう、腕をまわしました。
私がそうしたことにより、彼女は深い痛みとともに泣き出し、あえぎました。私は彼女を抱き寄せ、呼吸することを助け、いまここで彼女の泣き声の中にある酷い痛みに耳を傾けました。
しばらくすると彼女は泣き止み、おとなしくなりました。私は彼女を肯定する内容の言葉を伝えました。
すると彼女は立ち上がり私を見ました。今度は彼女が私に何かをあげたいと言いました。私は彼女の中で何かが変わったことを感じました。そして私自身がエネルギーを感じています。私は温かい感じを覚えたと彼女に言いました。彼女も温かさとエネルギーを身体で感じていると言います。
私は彼女が何を私にくれようとしていたかを尋ねましたが、彼女は言葉にすることを躊躇しています。
しばらくして彼女は「あなたの目に私の目でキスしたいの」と言いました。私は彼女が心を開いて私達二人のエネルギーの流れの中にいることを感じました。私は彼女自身が彼女の身体に存在して、人間関係を築く準備ができていると伝えました。彼女は頷きました。
私は最初に彼女が言った凍った感覚や感情を感じないことについて扱っていませんでしたが、対話をして彼女の家族関係がもたらした未完了な経験が統合するのを待ちました。
このようなトラウマ体験をしたことは彼女に大きな影響を与えました。彼女の弟がそこから抜け出したにも関わらず彼女は痛みと罪悪感を持ち続けていました。彼女が持っていた痛みに目を向け、サポートされる経験があったことで、そこから抜け出すことができたのです。
このような経験は彼女に痛みと罪悪感を能動的に手放すという癒しをもたらしました。それは更に身体と心が一体となり、彼女自身がセクシーになっても良いということを許す結果に繋がりました。」

2014年6月30日月曜日

Case #28 - 喋るパンツ

ナンシーはあらゆる問題を抱えています。彼女は、偽りなく生きていることと実際の行動に、ギャップがあると感じています。彼女には最初の結婚で生まれた子どもがいます。二人の関係は浅く、一緒に暮らすこともあまりありませんでした。

彼女は二回目の結婚について話しました。夫は子どもを欲しがっていましたが、彼女は子どもを欲しがらず何度か中絶しました。彼女はその二人目の夫と一緒にいて幸せでしたが、ワークショップには彼から隠れるように参加することがありました。彼女は肉体的に強くなく、それを変えたいと言います。

私は、問題がいろいろあるけれど、どれも深いものではなく、注視できるものではないと指摘しました。事実、彼女が言うには、他のセラピストも問題の核心を掴むことができずにいたようです。

私は彼女に、私から何を望んでいるか尋ねました。彼女は「助けて欲しい」と言いました。私は、喜んで助けようとして上手くいっていない自分と、彼女に力を与えようとして上手くいっていない自分がいて、どちらにしても上手くいっていないことを伝えました。

セッションが始まってすぐに私は、彼女が履いているパンツがとてもカラフルで、複雑なデザインであることに気がつきました。話しながら、何度かそのパンツに目がいきました。私は彼女の口に表情があり、歯が独特の形で見え隠れしていることにも気がつきました。私はその二つを彼女に伝えました。彼女は口について気がついておらず、またパンツにもこだわっていませんでした。

会話が進むと、また私は彼女のパンツに目が行きました。私は彼女に、そのパンツがどの問題について扱うかを教えてくれるのではないかと言いました。

私は彼女に、そのパンツのどこが好きなのかを尋ねました。彼女は足首のあたりの小さなところを見せてくれました。そこには三つの色があり、暖色と寒色が使われています。

私は彼女に、それぞれの色になってみて、彼女自身を言い表すよう促しました。彼女は、温かく、晴々として、積極的で成長しているという内容のことを言いました。そして、凍りついて、計算高くて、冷静だと言いました。

私は順番に、どのように感じたかを彼女に伝えました。最後の一つを伝えると、彼女は即座に反応し、その部分はダメだと自分自身を責めました。

彼女には「○○すべき」といったことが、たくさんあるように見えました。私が彼女に、その価値観はどこから来たのか尋ねると、母親だと言いました。

そこで私は、母親に見立てたクッションを置き、彼女の周りには「○○すべき」という象徴のクッションを置き、彼女と母親の二人で話してもらいました。

すると、もう一人の存在が浮かんできました。それは以前の義理の母親で、ある意味では理想的な存在であるものの「○○すべき」でいっぱいの人でした。私は彼女に、その義理の母親のクッションを置いてもらい、会話してもらうことにしました。

私は毎回、凍りついて計算高い部分の彼女を確かめてみました。彼女が話し終わるたびに「○○すべき」という声に従いたいか尋ねると、彼女は嫌だと答えました。

最後に私が、自分自身が計算高いことを伝えると、彼女は私の話を聞き始めました。もしも私が冷酷な仕事モードにいる時なら、地に足が着いた状態で、心地よく彼女のそのような気持ちに寄り添うことができることも伝えました。しかし、もしも私が弱々しかったり、かまってちゃんの状態の時なら、心が痛むことでしょう。

彼女は、萎縮せずに私の話を聞いて、受け入れられている感覚を持つことができました。彼女は「だけど、これは私が変えたいと思っている部分で、人を傷つけるかもしれないものよ」と言いました。私はこう答えました。私がより興味があるのは、その部分があなたの一部であることをあなた自身が認識していて、それを感じていることなのです。だから私は、あなたと一緒にいる時は安心感をもつことができます。

彼女は、それを取り除いたり、別のものにするといったことではなく、シンプルにその存在を受け入れることが必要だと理解しました。

このセッションは、どのようにスタートすればよいか難しいものでした。何かはっきりした形が見え始めると、別の話題に変わってしまいます。それぞれの話題は取り扱うに値するものでしたが、問題の焦点を彼女は変えてしまうのです。私はそれらに焦点を合わせることはしませんでした。なぜならば、そこまでの信頼関係が築けていなかったからです。私は救済者になってみるということも試しましたが、それも長くは続きませんでした。

そこで、明確なテーマを見つけるために「ネコとネズミ」のような追いかけっこをするのではなく、何が本質なのかを探ってみました。私は彼女のパンツからそれを見出しました。彼女が本質に触れるのを避けていたにも関わらず、彼女がこだわっていなかったパンツからそれは浮かび上がってきました。彼女はすぐに、彼女自身の大切な三つの事柄を言うことができました。

私がそのパンツについて詳しく聞くことで、私にとってどのような意味を持つのかということを言っています。

彼女にとって抵抗感があったのは三つ目に出てきた「○○すべき」ということについてであり、ワークではそれを扱いました。

その上で、彼女は私との関係に向き合うことができましたし、彼女自身とも向き合うことができました。

ゲシュタルト療法のプロセスでは、これを「統合」と呼んでいます。


The talking pants
Nancy covered the gammut of issues. She felt there was a gap between being authentic, and her behaviour. She had a child from a first marriage; there had been very little real substance in the relationship,  rarely living together.
She talked about her second marriage, having several abortions, then her husband wanted another child, but she didnt really. She talked about being very happy with her second husband, but sometimes hiding her attendance at workshops from him. She talked about not being physically strong, and wanting to change this.
I pointed out that one issue led to the next, and none seemed to stick, to deepen, to be amenable to focusing. In fact, she said other therapists had problems with pinning her down.
I asked what she wanted from me: 'to be rescued' she replied. I explained that there was a part of me that would be delighted to try to rescue her, but that so far didnt seem to be working very well; and another part of me that wanted to empower her, but that didnt seem to be working either.
At the start of the session I had noticed her pants - a very colourful and complex design. Several times I returned to noticing them. I also noticed her mouth - she had many expressions, and often bit her lip, or showed her teeth in a particular way.
I remarked on both. She had no awareness of her mouth, and was uninterested in her pants.
After more discussion, I returned to her pants, and suggested we find out if they could help us determine what issue to work with.
I asked her what aspect of them she really liked. She showed a small area around the ankle, and pointed to three different colours, describing them as warm tones and cold tones.
So I asked her to 'be' each colour, and describe herself. She spoke of a warm, sunny, enthusiastic and glowing self. Then a cool, reflective self, who liked to be alone. Then a freezing, calculating, rational self.
I told her my responses to each in turn. When it came to the last one, she reacted immediately, preemptively stating that this part was not ok, and she blamed herself.
It emerged that she had many shoulds, making that part wrong. I asked where they came from - her mother. So we set up a pillow for her mother, and she spoke to her mother, stating her connection, but also her boundaries around the list of shoulds.
Then there was her previous mother in law, who had been 'ideal' in some ways, but even more full of shoulds. I asked her to place this mother in law on the pillow, and again, she stated her connection, but also her limits.
I returned each time to the freezing/calculating part of herself, attempting to validate it. Every time she started putting it down, I would ask whether she wanted to let the should's rule her, and she replied 'no'.
Finally, she was able to listen to me, as I told her about my own calculating self. I told her if I was in work/business mode, or feeling very grounded, I could comfortably be with that part of her. Or if I was in my own freezing/calculating mode, I woudl also be ok with it. But if I was feeling vulnerable or needy, I could get hurt by it.
She was able to hear me without contracting, and to take in my acknowledgement. She said 'but this is a part I want to change, as it could hurt people'. I replied 'I am more interested in your acknowledging that this is actually a part of you, and when you are in that place - thats what makes me feel safe with you'.
She understood that it was not a matter of getting rid of that part, or even reforming it, but simply acknowledging its existence.
In this session, it was hard to get a start. Everytime she started with a clear figure, it shifted. This in itself was worthy of attention - her shifting focus. I chose not to focus on that, as there wasnt enough ground between us. I played a bit with the 'rescuer' possiblity, but decided not to continue down that route, as again, it didnt take hold.
So rather than continue playing 'cat and mouse' with finding a clear theme, I returned to what was figural for me - the pants. The fact she had no significance on them meant we could find something in them that emerged, despite her resistance to coming up with figures. Straight away she clearly named three important parts of herself.
I then explored them in relationship - my response to each.
Her resistance to the third part surfaced, and that clearly pointed to the work to be done: deal with the shoulds, and their source.
After doing this, she was able to bring that part of her into relationship with me, and with herself.
The result was the outcome we are after in a Gestalt process: integration.

2014年6月24日火曜日

Family Constellation workshop July


My only Tokyo Family Constellation workshop this year will be held on the 25th and 26th July.
Please contact
Kingo Matsuda
+81 90 3965 4778
matsuda@therapy.jp

2014年6月20日金曜日

Case #29 - 怒った少女を育てる

キャシーは「父親への恨み」という問題を扱いたいと言いました。私が彼女にどのような恨みがあるのかと尋ねると、彼女が4歳の時に両親が離婚したことだと答えました。

私は、彼女がどのような生き方をしてきたのかを見てみることにしました。彼女はこの20年間、父親とは10回しか会っていません。彼女は父親のことをあまり知らないのです。

彼女は母親が被害者だと信じています。なぜならば、彼女の父親は浮気をしていて、その後、再婚したからです。

彼女は大人になってから、父親と連絡を取り合うことにとても消極的でした。私は理由を尋ねました。すると彼女は、父親の二度目の結婚で生まれた女の子と会ったとき、父親がその子に与えている愛情を見て、激しく嫉妬したことを話してくれました。

私は彼女に、両親の離婚についてワークはしないと伝えました。それは、彼女が持っている恨みが彼女自身を中心としていないからです。代わりに私は、大人としての彼女がいまここで扱いたいことを見つけ、それについてワークすることだけはできると言いました。

彼女は私を恨みました。しかし、私の境界線ははっきりしていました。

私は彼女に私自身の離婚経験を話し、長女が大きくなってから交わした会話について伝えました。長女は間違った情報で悩んでいました。

私は彼女に、無力で被害者で弱々しい役割を降りて、父親と対話する方法を見つけることをサポートしたいと言いました。

彼女は母親のストーリーを受け継いでいて、事実は歪められていました。大人としての彼女には、父親との対話を試みてみるという選択もあっただろうし、父親のストーリーを直接聞いてみることもできました。彼女は、まだそれをしていませんでした。私が見てみたいのは、過去に捉われることではなく、未来に進んでいくことなのです。

さらに言うと、彼女は小さな女の子の声をしていて、話がマンネリ化していました。私は彼女に「その話はよく分かったし、父親を失ったような感覚には同情します」と伝えた上で、その話をするのは橋の下に川が流れていないようなもので、セラピーとは関係がないと言いました。そして、失われた時間を修復するには父親との関わりが必要だと言いました。

悲劇と向き合うこと、そこから何かを得ることが必要です。

これは彼女にとって大変なことですが、そうしなければ彼女は失ったものを永遠に求めて、無力な状態に留まり続けることでしょう。

時に大きな同情を与えることは、人々を助けることがあります。しかし、そうでないときは、境界線をはっきりとさせる必要があります。いつも後ろ向きでいるよりも、先を見据えて進んで行くことも必要です。気持ちが小さな女の子である彼女は、父親に向かっていくことを選ぶこともできなければ、それを許容することもできません。

彼女は、小さな女の子の気持ちで父親に合うときは、叩きたくなることを教えてくれました。明らかに彼女は怒っていたので、私はなだめました。しかし、彼女は父親と関わる他の方法が分からないので、いまだにその小さな女の子のように怒っています。

そこで私は、ある実験をしてみることを提案しました。それは、部屋の片隅に彼女が母親の隣にいて、部屋の反対側にいる父親に向かって歩いていくというものです。父親と会話することもできるし、一緒に立つこともできます。

彼女にとってこれは難しいチャレンジであり、とても恐がっていました。私は彼女を勇気づけるために、できる限りのことをしました。そして、チャレンジするかどうかを選んでもらうことにしました。私は何度も「あなたは24歳だよ」と伝えました。私は彼女の背中を押すように、気を落とさずに小さな女の子の声から抜け出し、大人が選ぶように選んでみるように言いました(彼女はいつも背中が痛いと言います)。

時間をかけて、彼女はその提案に賛成しました。彼女は一度に一歩進みましたが、その都度、崩れ落ちないようにするための助けが必要でした。最後に彼女は、父親がいるところに到達しました。私はワークショップの参加者の一人に、父親役としてそこに入ってみるようお願いしました。

彼女は、父親と話すのは不可能だと言います。そこで、私は彼女にいま何を感じているかを尋ねました。そして、その言葉を父親に話すように言いました。さらに、他に感じたことを伝えてもらいました。それを繰り返すことで、より幅広い表現をすることができました。彼女がより多くのことを口にするには、より多くの励ましが必要でした。父親の異母妹への接し方に対する怒りを思い出したとき、彼女は弱くしか呼吸していませんでした。それは息をするときの小さな音でわかりました。

彼女は父親に質問をしたいのだけれど、私は彼女に自分のことだけを話すように導きました。私は彼女がしたかった質問を言い換えて、彼女がなぜ父親に近づきたかったかという文にしてあげました。

ついに、彼女は父親に怒っていたこと、傷ついたこと、そして、会うことができてうれしかったことを伝えることができました。その内容のほとんどは、彼女が動揺したことと恐れについてでした。父親の代役の人の反応は、会うことができてうれしいということでした。彼女はそのことをまったく予想していませんでした。

この一連のプロセスは、彼女にとって難しいことでした。私は常に、実験を彼女にとって容易にする努力をしなければなりませんでした。例えば、このワークはセラピーのグループで行われていること、実際の父親と母親はここには居ないことを伝えました。このことにより、ほんの少し感情のバランスが和らぎました。私はひとつひとつの試みに寄り添い、指導し、サポートし、大人としての彼女がチャレンジすることを促しました。

これは、通常では踏み込むのがとても難しく、多くのサポートが必要なケースで、ゲシュタルト療法の試みにおける「安全な緊急事態」の例です。

許すことで、新しい経験は生まれます。

しかしながら、このような実験には決まった方法はなく、クライアントは新たな「○○すべき」ということを造り出すことから脱出して、気づきと選択することに対して冒険することが求められます。

2014年5月20日火曜日

Case #79 - あなたは安心していますか、それとも不安ですか?もしくはその両方?

ブライアンとメラニーは集団過程の際会話をしていました。ブライアンは、信頼が彼にとってどんなに大切なものなのか、そして彼が心を開くまでにかなりの時間を費やしたことについて話していました。彼は、まず他人への信頼感をもっていなければなりませんでした。メラニーは彼に、彼が信頼という言葉によって正確には何を意味しているのかを問いました。ブライアンは説明しようとしました。ー彼は人々を観察し、彼らの行動を見て、そして彼らが彼が心地よく感じる方法でコミュニケーションをとっているかを決定したのです。
メラニーはこれに対して完全には喜ばしくは思いませんでした。彼女は彼との体験に伴う彼女の不快な感情ついて語りました。ー彼女はそのように観察されるのが好ましく思わなかったのです。また、彼女は知らず知らずに彼を起こらせてしまったら何が起こってしまうのか確かではありませんでした。
ブライアンは、それはつまり安心できるかどうかということだと言いましたー彼にとってはそれは重要でした。そして、彼はそういうふうに彼自身を大事にしたのです。メラニーは言いましたーわたしはあなたといて安心できるかどうかわからないわ。ブライアンは彼が集団の中で心を開くために十分安心できるかどうかの彼にとっての重要性を何度も繰り返しました。
私は立寄り、彼に本当にメラニーの話を聞いたのか尋ねました。彼は頷きましたが、安心することを必要とする彼の姿勢を繰り返しました。私は少し強く言いましたーそうだね、けっこうなことだ。だけど、あなたは自分が他人にとって不安全な振る舞いをしているかもしれないということに気づいているのかい?ブライアンは顔を振りました。私は私自身の彼との体験からいくつかの例を挙げようとしました。
わたしはたとえ彼が側にいて楽しい人だと捉えていたとしても、メラニーが述べたように、もし知らず知らずに自分が彼が好きではないことをしたら、彼は"(問題を)放り出して逃げる"ー行動をやめ、沈黙し、言ったことを守らない、あるいは身を引くーかもしれないと想像してしまうということを指摘しました。
ブライアンは、これらのことが起こるかもしれないと納得しました。ー彼は時々そうしたのですーしかし、またもや、彼は彼が不安に感じたときだけそうするとの主張に立ち返りました。私はしばらくたって、実は他者が彼の対極で実は不安を感じている可能性があるということを思い立ちました。


ブライアンは簡単にはこれを理解できませんでした。だから、私は立ち止まりました。私たちは彼の意識の縁、そして、その縁を断ち切る意思と能力の限界に辿り着いたのです。ここで関係してくるのは、どのように私たちは他者の攻撃性、彼らの危険さをあまりにも容易に見ることができるのかということです。しかし、それは自分自身で見ることは非常に困難です。これこそが、多くの人々が犠牲者の立場を占有する方法なのですー他の人がしたことに関しては、いつも'都合の良い'理由を見つけることができるのです。
困難なのは、全ての責任をとることです。つまり、誰か起こったことに対しての原因であるという点を理解することを意味します。そして、これは他の人を不安に感じさせる方法を含んでいるのです。これはわたしが'非美徳'と呼ぶものを認知することを必要とします(http://unvirtues.com)。これは、あなたの良い意図だけではなく、それほど徳の高くはない無意識の性格や行動さえも認識することを意味します。
そうすることは私たちは多くの自我で構成されているということを認識しようとすることを意味します。人々はこれを理論上では行うことが出来るかもしれません。しかし、実際には他の人の価値観や体験に対面したときにはーこれまでの例のようにーそうすることは非常に困難です。
ゲシュタルト心理学では、両極性について話されますー自我の分離です。一部分が意識の外に配置されます。そして、わたしたちの研究をそれを発見し、それを認知し、それを関係性の中にもたらすことです。これは心構え、意欲、そして支援を要する困難な道のりです。

2014年5月17日土曜日

Case #70 - 未知の重大さ

マニュエルが手を胸においたのに気づく。彼はナーバスだと言った。そこでは私は、セッションの一部ではナーバスになるもの、と気にしなかった。彼の灰色に色あせているズボンに気づく、そして彼自身が、白黒はっきりつけるタイプなのか、それともはっきりしないタイプなのか、と考えた。
しかにマニュエルには何かが起こっていた。悲しげで私の質問にも興味を示さない。彼が悲しみについて話すとそれは強く、より深いものになっていった。彼はとても静かであり引っ込み思案のようだった。
探ることはとても重要で、ゲスタルト手法に入ると我々は人のエネルギーに注目する。その人がここに心あらずという感じなら、集中できるように方向を変えなければならない。
マニュエルは乱暴な少年期から高校に入るまでについて語った。そしてその後は常に成績優秀だったことも。彼は周りの子供たちからの期待とそれに相反する嫉妬を感じていた。他人によるそのような見方が彼にとってはいまだに苦痛なのだった。
私は彼にいまはそんな(乱暴な子供だった)ようには見えない、まじめ人に見える、と伝えた。ここで皆の前で話す内容とその状況を結びつけることが重要で、それを我々は環境と認識と呼ぶ。
高校の前に何がその変化をもたらしたのか、と訊ねたが彼は答えられなかった。ただ彼は苦痛に感じてるように見えたので、私はいま自分が何歳のように感じているか、と訊ねた。かれは4歳、と答えると、寄宿舎付きの幼稚園に入れられたが何も記憶がない、と語った。
しばらく私たちはそこに座って、彼は心の声を聞いているかのようだった。彼の経験について聞くと、彼は心の底にある悲しみについて話した。それは他人に話すのは容易ではないと。
私は彼に私がサポートするためにここにいること、頼っていいということ、そして彼の感情に興味があることを伝えた。彼から暖かさ、安心感を感じた。もうしばらくそこにいた。何も変化はなさそうだ。彼を見たとき、ショックを受けているように感じた。彼は何が起こったのかわからなかったが、その年齢の時に何かが起こってそれが彼に影響を与えたのだと語った。
無理強いしないことが重要だ。流れていない時はそこにじっとたたずんで、何かが起こるのを待つ。待っていれば必ず変化が訪れるから。
彼は娘について話した時に生き生きとした表情になり、絶対に彼女がやりたくないことはさせない、と語った。それは彼がやりたくないことをやらされたことの裏返しであったことは明白だ。
彼は私とすわっている時にまじめそのもので、私が彼のことをまじめに考えていると伝えるとそれに対して驚いたようだった。彼は相互に話し合うことを学び始めたのだった。彼は今までずっと自分自身としか向かい合ってこなかったのに、今自分とまじめに向かい合ってくれる人がいることを感じているのだった。それだけで十分だった。問題はまだ解決すらしていなかったが。ゲスタルト手法において我々は向かい合い認識するのだ。そしてそれは変化していくものであるのだ。

2014年5月10日土曜日

Case #69 - 創造性を形に

ブリタニーは最近おなかの調子が悪く消化不良だと言う。彼女がそれを恥ずかしいと言ったので、その前にもう少し彼女を知りたいと思った。彼女は学校を経営していて一人の学生に問題があった。自分の経験から彼女に同情した。それが彼女との関係の構築につながったようだ。彼女を一緒に座ることに重苦しさを感じながらもその重苦しさをも彼女と共有した。彼女はあまりモチベーションが上がらない、とりわけ仕事に対して、と語った。今日は遅くまで仕事には行きたくない、と。そして疲労の兆候があるのだ、と。
彼女の家庭について聞くと、良好だ、と語った。息子と夫はともに彼女に感謝しまた励ましてもくれる、と。彼女は家族で物を隠すゲームについて語った。彼女は家具にタイヤをつけて自由に場所を移動できるようにしたいと語った。彼女の創造性の一面を覗いたように感じた。
ブリタニーは義理の親と過ごした数日についても語った。年老いていて、ただ食べて、寝て、カードで遊ぶだけの親。彼女は飽きてしまうとカードゲームのルールを変えようとしたが(その創造性と遊び心を指摘してあげた)ただ、彼らはルールを変えることに反対し、ますます彼女は退屈になってしまった。そしておなかの調子がおかしくなったのだと。
私たちは長いこと静かにそこに座っていた。彼女は若かれし頃のこと、(それほど話さないのだが)かつて書物を書いていたことも語った。小説を書くとしたら、どんなタイトルになるんだいと訊ねると、彼女は"たまご"と答えた。最初の数章節について聞くと、彼女は卵が孵化することについて語った。
彼女の生活の中での新しい出来事について聞いた。彼女は学校が変わってくれたらなと話した。そして彼女が友達の報告書を手伝い、どうやってその友達が仕事にありついたか、語った。幸せそうに。
彼女の中の創造性や遊び心が出てきていると伝えると、彼女もその通りと言った。
どう彼女の創造性を仕事に活かせるか、聞いた。彼女は沈黙した。そこで私は彼女とちょっとしたゲームを試みることにした。私が彼女の職場を変える創造的なアイデアについて提案をして、彼女が実現可能か答える、といったようなものだ。それをしばらく続けていると、彼女は「それは試したことがある。でも教師も学生もどうもそれには批判的で」と答えた。
まさにここが彼女がサポートを求めている点であり、共謀者を作らなきゃ、そう彼女にも伝えたが、彼女はただそれは無理、と言った。
彼女の創造性を圧迫しているのは彼女の義理の親といる時に起こったお腹の痛みだ、と伝えた。
彼女の学校への報告書を書いていると想像させてみた。どんな本格的な推薦書を彼女は作るのか。私は彼女に毎日、創造的なグループエクササイズのアイデアを思いつくように求めた。彼女は渋りながらも考えてみると言った。いつの時点でか彼女は私のカラフルな靴下に気づいた。そして彼女のカラフルな靴下と比べてみせた。そこで私はグループに「フートシー」ゲームをしようと提案した。これはすごく楽しくて学びながら彼女の創造性を表現するものだった。
このグループエクササイズで最初に感じるものは重苦しさと戸惑いである。そしてその次に創造性がくる。ゲスタルトアプローチというものは人の生活のなかにもっと感情を見出す手法である。現象学的なものなのだが、内側から外側に、現実的に、彼らが与えられた言葉に色を付けていく。サポートにも焦点を当てる、この場合、彼女は職場に持ち込むことが必要なサポートを持たなかった。彼女の強みである記述をつかって、私は彼女の夢を約束した。そして彼女自身を映し出すサポートをした。完全にゲスタルトを用いて創造性の実現は直接的で何も説明など要らなかった。重要なのはどんな問題が起こってくるか、そしてその問題に対する対応だった。最後のサポートは「許可を与える」手法だった。それは私が彼女が気づいたことについて例証するものだった。例えば靴下とか。そしてそれがいかに教室で利用できるかについて語った。

2014年5月7日水曜日

Hong Kong and China workshops coming up...

Workshops coming up:
Hong Kong 6-8 June,
Personal Growth/Spiritual Growth
- see below

Shanghai 10-15 June,
Gestalt intensive

下一个即将到来的工作坊在2014年6月10日-6月15日! 请传播。更多信息,请电133-1176-7286,电子邮件:huangjianhe@vip.163.com或访问www.zhxlw.net

-----------------------------------------------------
Steve Vinay Gunther : 澳大利亞利斯莫爾人,
一位在靈性路上走過了40個年頭的實修者;
一位手彈吉他情感真摯信仰『愛是一切』的吟唱者;
一位笑容可掬給人如沐浴春風般溫暖的『長輩』;
一位目光深邃眼睛裡流露著平靜與洞見的老師;
一位樸實無華卻可以將真理實相展示在你面前的完形大師。
何為靈性?如何去修行實踐? 它和心理治療的方法有何相似或不同之處?這些問題將透過審視所組成靈性和療愈的原則、實踐和體驗來進行探索和詮釋。
在工作坊中,老師將會把靈性修持的整個架構圖清晰地展示給大家,有了這張靈修地圖,我們在回歸靈性的路途上會很清楚自己在哪個階段,或哪個位置, 離目的地還有多遠。
這個工作坊是獨一無二的。它可以加深我們對自己靈性的了解,并指明怎樣去運用到與不同對象的關係中。此工作坊在過去的15年里曾在12個不同的國家開班;這是首次引入香港。
課程時間: 6月6 – 8日(10:00am – 6:00pm)
課程費用: HK$4800
上課地點: 本中心
入款帳號: 中國銀行(香港)分行: 012-5511-00-9663-6
帳戶名稱: WE CENTER (恒●慧)
注: 凡在5月15日前報名者優惠價HK$4300
本中心傾心提示: Steve Vinay Gunther 是值得推荐給朋友們的一位老師, 課程詳情請參閱附件。

2014年4月24日木曜日

Upcoming workshops in Romania

H folks.

I wanted to let you know that I will be running two workshops in Romania in May.

-------------------------------------------------------

Workshop #1
Host:
Societatea de Gestalt Terapie din Romania

Workshop subject:
A Gestalt approach to working with couples

City:
Bucharest

Contact:
gestaltro@yahoo.com
ph +40 (21) 319 69 52

-------------------------------------------------------

Workshop #2
Host:
AMURTEL Romania

Workshop subject:
Psychotherapy and spirituality

City:
Bucharest

Contact:
didi@amurtel.ro
ph +40 (744) 565 252

2014年4月18日金曜日

Case #27 - 道徳的な潔白さ

ジョンは小さな会社を経営しています。彼の悩みは、道徳心が強すぎるほど厳格なことです。たとえば、市場のような「なんでもあり」な場所でさえ、彼は強い信念を通そうとして人々に食ってかかるのです。責務を真剣に果たす、両親を尊敬する、そして伝統に従うといった彼の性格は、彼の家族とまったく同じでした。
しかし、彼はそんな性格を重荷のようにも感じていて、道徳的に潔白なことが本当に良いことかを想像してみました。もし誠実ではないこと(たとえば産業スパイを雇うといった)をしなかったとしたら、彼の商売は廃業になってしまうのではないか?
私はまず、彼がいまの世界に居て強さを感じられるかを探ってみました。しかし、この試みは彼の心を動かすには至りませんでした。現実の世界は彼を満足させていなく、同時に彼はその厳格な道徳心の枠に留まりたいからです。
そこで、私は彼に、二つの両極にあるものは何かと訊ねました。道徳心の強い歴史上の人物と「なんでもあり」な人物だと彼は答えました。
私は、彼が選んだ二人の中に順番に入って会話してみるように促しました。彼にとってそれはとても難しいことで、それぞれの役から抜け出したがっています。彼は「単純に二つを合わせることはできないの?」と言っています。しかし、統合は簡単には起こりません。
厳格な人の役の時、彼は深く長い中国の伝統に従いたいと言っているし、他の役の時は、その価値観に妥協したいと言っています。
ここでひとつ分かったことは、彼が大切にしている伝統を重んじる気持ちは、中国の文化に深く根ざした倫理的価値観だということです。
そこで私は、二つの役から外れて彼が座っていた椅子に戻り、二つの役に話してみるように提案しました。彼は伝統を深く認識すると同時に、もうひとつの役(なんでもありな性格)から何か良いことを学べるかもしれないということを認識しました。
これは彼にとって、大きな一歩でした。
私は、彼には自分で選んだ一人ではなく、二人のアドバイザーがいて力を与えてもらっているのではないかと指摘しました。
彼はそれを聞いて気分が楽になり、もう一人の新しいアドバイザーを認識することができました。
彼は、絶対に崩れることのないとても真面目な性格が人生の側面にある、ということを教えてくれました。
二人のアドバイザーがいることが分かりました。一人は彼の責任について思い出させてくれて、もう一人は無礼で無責任で楽しいこと優先する性格です。
繰り返しますが、彼は二人のアドバイザーがいることに安心感を覚えています。しかし、彼は最後の決断ができずにいます。私が彼に「楽しい性格」の人が誰か特定するよう言うと、彼のいとこだと言います。彼は当初、そのいとこを悪く思っていましたが、いまは感謝の眼差しで見ることができます。さらには、今後一緒に過ごしてみることも考え始めました。
ここで使われたのは、ゲシュタルト療法に基づいたアプローチでした。一つの価値観があれば、そこにはもう一つの正反対なものがあります。片方に偏りすぎると分裂が起きてしまいます。ゲシュタルト療法のプロセスは統合を目指すものです。単純に理性的に理解するというよりは、両方の価値観に十分に触れてみるというプロセスを経て統合は起きます。
彼のケースでは、通常の言葉を使った試みは通用しませんでした。クライアントの変化とフィードバックに責任を持って対応するのに必要だったのは、柔軟にその場で試みを変えてみることへの意欲でした。

2014年4月8日火曜日

Case #26 - ギブ・アンド・テイク

トレーシーは、一人で旅行をするのが好きな女性です。彼女は、自立した女性であることをよしとしています。彼女は数週間に一度自宅に帰り、数日間そこで過ごします。それが彼女にはちょうどよいのです。彼女には自分専用のアパートがあり、それが夫にはちょうどよいのです。なぜならば、もし彼女が高い水準の生活をしていると、それが大きな口論を必然的に引き起こしてしまうからです。
彼女は、自分の人生は自分のものであり、息子が大きくなったこともあり、家庭内の責任を持たなくてもよいと思っています。そして、彼女はいまのライフスタイルや仕事を気に入っています。
ところが、彼女には家に居るとすぐにパニックになるという悩みがあります。
私は彼女に、両親のことについて深く話を聴いてみました。彼女が小さかった時、母親はたくさんの子どもたちの世話で忙しく、父親は彼女を愛していたけれど、男の子のように振る舞うと何らかの特別扱いをしていました。彼女が注目されるには、プレッシャーを感じながら男の子のように振る舞うか、よい子を演じなければなりませんでした。最も重要な点は、注目されるか、そうでない時は自由であるという「どちらか」でしかなく、中間は存在しないということです。
次に私は、夫との関係についてあることを試みました。
私たちは立って顔を合わせました。そして、手で丸い形を作るというジェスチャーをしました。それは注目されたいという意味です。手で押しのけるジェスチャーは自由を意味します。
彼女はすぐに動揺しました。彼女は注目されたいというジェスチャーをすると、プレッシャーを感じ、パニックになってしまいます。
私は、彼女が夫から注目されて自然にいられるのを、どのくらいの頻度で感じたいかを尋ねました。彼女はもっと自由を感じたいと言いました。私は、義務感なくいられるのはどのくらいの頻度かを尋ねました。彼女は年に2回ほどで、数日間と答え、他の時間は自分のために使いたいと言いました。
これは、私自身の人間関係には当てはまりませんでしたが、彼女が望むものとして受け入れてみることにしました。
ワークはそこから始めました。彼女が注目されたいのはとても短い時間で、それが過ぎると自由が欲しいという立場になります。彼女は、彼から注目されると不快だと言います。
私はその状況を再現してみることにしました。私が夫の役になり、注目されたいというジェスチャーをしました。彼女はすぐにその手を強くはねのけました。
すると、腹立たしさがこみあげてきました。彼が彼女と一緒に居るときは、彼は彼女から何かを欲しがります。そして、彼女はいつも何かを与え、決して何かをもらうことはありません。そのことが原因で彼女の怒りがこみあげ、何度となく同じことが起きてしまうのです。彼女がはねのけると彼は欲しがり、彼女はもっとはねのける…というように。
私はもう一つの手、すなわち何かを与える手を加えてみることを提案しました。明らかに彼女は、これ以上何かを与えることができません。私は夫の役に「与える手」を加えました。そして、彼女に注目して欲しくて、受け取る役をしてもらいました。
彼女が与える役をすると、怒りがこみあげてきました。彼女は彼から何も受け取ったことがないと感じていて、それが何年ものあいだに渡って続いていました。
言うまでもなく、私は彼女に「いま、ここ」を感じてもらい、怒りを表現し終わってから「与えてもらうこと」をするように提案しました。彼女は賛成しました。すると、彼女は受け取ることに深く感動しました。しかし、すぐに彼女は不安になりました。なぜなら、受け取ることへの代償は与えることを意味していて、彼女はそれを恐いと感じているからです。
与えることと与えられることのサイクルと、その深い側面があらわになりました。
私はワークのやり方を変えてみるという提案をしました。私が彼女に与え、彼女が受け取る。不快を感じたら、いつでも役割を交換できます。彼女が快適でいられる範囲で与えられたものを返し(私が受け取り)「借りていること」から開放されるということをしてみました。
ワークを進めると、彼女がそれを繰り返すリズムがとても速くなってきました。それぞれの役で、ほんの数秒という速さです。彼女はこのやりとりを快適に感じていて、どちらの役でも必要以上にそこに留まることはありませんでした。
この経験は彼女に深い洞察力を与え、彼女が待ち望んでいたけれど、完全に諦めていたものを経験することに繋がりました。
大切なのは置かれた状況を「治す」とか「治療する」ということではなく、自覚しながら冒険してみることなのです。結果として彼女自身やその背景、そして与えることと受け取ることに対して、より深い自覚と経験が生まれました。
ゲシュタルト療法の試みにおいて、このような新しい経験は「解決法」ではなく、何が可能かという提案をして経験を促すものです。その結果として、個人の世界は広がります。それはまた、いままでの環境にはなかったものを経験することで、癒しの経験ともなります。
このワークのプロセスは、彼女の問題の背景を探ることから始まりました。問題の本質が分かると「いま、ここ」を感じる試みをしました。それを可能にするには「○○をすべき」といった考えに捉われず、彼女のリズムで進める必要がありました。
私自身をワークの参加者として使うことは、彼女がどの位置にいるか、何を必要としているかを見つけることができる上に、彼女自身の中にある本質に直接触れて、真相を経験することを意味します。
そこには、もうひとつの試みもありました。私が「与える」という3つ目のジェスチャーを加えたことです。それは、彼女にとって明らかに欠けていたことであり、大きな影響を与える要素でした。大きな代償を払うことなく「与える」という経験を通して、彼女は「与えられた」ということも経験しました。

2014年2月19日水曜日

ケース#25 一万本の矢


メアリーは、これまで2回の離婚経験があります。現在は、前の夫とまた生活を共にしています。彼はメアリーの息子の父親でもあります。

私は、その経緯を尋ねました。

二人は会社を経営していましたが、お互いのやり方に納得がいきませんでした。月日が流れるうちに、夫は彼女に対して暴力を振るうようになりました。それは何年もの間に渡って続きました。

夫は彼女に離婚を迫り、その後、会社のある従業員に恋愛関係を求めていました。

その女性に拒否されると、彼はメアリーに再婚を申し入れ、彼女はそれを受け入れました。

すると夫は、また暴力を振るうようになりました。

何年か過ぎ、とうとう彼女は暴力に耐えられなくなり、離婚しました。

数年後、メアリーと彼は再び生活を共にするようになり、今回は暴力を振るわれていません。彼女はいまの関係に納得していて、そのことで不幸と感じることはありません。

しかし、この話をしていると、案の定、彼女は心の痛みを感じ始めました。

私は彼女に、どのようにして生きてきたかを尋ねました。彼女は、彼女の母と祖母が暴力こそなかったけれど、夫婦関係において辛く生きてきたことを思い出しました。

私は彼女に、何を感じているかを尋ねました。彼女は「一万本の矢が心臓に刺さっているようだわ」と答えました。

私は彼女の心に痛みがあることを認め、彼女以外の誰かに問題があることを言うよりも、彼女が置かれた環境が彼女に与えた影響について気遣いました。

私は彼女に、男性である私と話すのはどう感じるか尋ねました。彼女は安心だと答えました。

私は彼女にこう伝えました。その矢は男性が刺したものです。男性として私がその矢を外すお手伝いがしたい。

そこで、私は彼女の完全なる了解のもと、彼女に向ってゆっくりと歩いていき、一歩進むごとに一本ずつ矢を抜くというワークを提案しました。

私はそのワークを始めました。抜いた矢を床に置いて、どれだけ彼女の心が痛んでいたかを認識していると伝えました。

私は彼女が、何を感じているか聞いてみました。彼女は痛みを伴う感情を覚えていましたが、同時に彼女の心の琴線に深く触れ、少し解放されたと教えてくれました。

最後に私は、彼女に三本の矢を使った儀式をしてみるよう勧めました。彼女が受け入れられる範囲の儀式です。彼女は矢を埋めるという儀式を選びました。

そこで、私は彼女に空想のストーリーを伝えました。私たち二人は旅に出かけました。森の中に入り矢を埋めました。これらの矢があったという事実を認め、その上で地中に葬るというものです。

この体験の最後は、彼女に明るさを与えるものであり、本当にその儀式を見聞きしているかのようでした。

私は彼女に宿題を出しました。それは、いま行った儀式という名のワークを、毎日三本ずつ矢の数を増やして一日に一回行うというものです。

このワークでは、最初に彼女の背景をより深く理解するために、彼女の心の地図を描きました。そして私は、自分が男性である事実をヒーリングの手順に盛り込みました。私はそれぞれの過程で、ゆっくりと、しかも多くの選択肢をもたらしながらワークを進めました。

私は彼女が口にした、たくさんの矢という例えを本気で取り扱いました。このワークの大切な要素は、何本の矢が抜かれたかということではなく、心の痛みが永久的にそのままにしておくということでもなく、むしろ矢を抜くというプロセスの始まりが、彼女の心に変化をもたらすということでした。いま彼女は自分自身と向き合う方法を身につけました。

ここで用いられたゲシュタルト療法の試みは、彼女の口から提供されたものと言葉を、直接的に扱うというものです。私と彼女の関係が築かれたことにより、一連のワークが成立しています。

2014年2月14日金曜日

ケース#24 - 見捨てられた幼児

私はセッションのはじめに、ジェーンと繋がるための時間を設けました。私は彼女が、黄金色の服を着ているのに気がつきました。彼女は炎の色が好きで、その色は暖かさをもたらし、悲しさと向き合うことの助けになると言いました。ジェーンは、熱心で明るい人々と一緒に居るのが好きだと説明してくれました。そうではない人々と一緒に居る時は、その人たちにまったく興味を示すことはありません。

私は彼女に、セッションで何を扱いたいか尋ねました。彼女はビジネス、父親、そしてボーイフレンドのことについて触れました。私がひとつだけ選ぶように言うと、彼女はビジネスを選びました。

何を扱いたいかを選ぶのは自由です。選ばれたものは、その人に必要なものといって良いでしょう。

私は彼女に、具体的に何が問題なのかを聞きました。周囲に構わず、自己中心的になってしまうことや、理想を追求することだと彼女は言いました。

私は、そのことがビジネスに与える良い面について触れました。また、そのことで人との間に軋轢が生じるかもしれないとも言いました。

すると彼女は、認識されることを切望していると明かしてくれました。じつは、彼女は養子なのです。彼女の両親は、彼女を橋の下に捨てました。

彼女が私に言ってくれたことは、私に大きな変化を与えました。このように重要で難しい出来事を明かすということは、私を信頼して、とても個人的で核心的なことを委ねることを意味しています。それは、彼女がなぜ自己中心的になったかという重要な情報の背景であること以上に、私は彼女が「認識されること」を切望していることを真剣に受け止めました。

そして私は、彼女がなぜ暖かさを必要としているかが理解できました。

私は彼女に、何を感じているかを尋ねましたが、彼女は何を感じているかを見つけることはできませんでした。彼女はエアコンのせいで、脚以外は寒そうにしています。

そこで私は、人間関係で冷たく感じることがないか聞いてみました。この質問は彼女が求めている人間関係の温かさの対局にあるものです。

この質問については、短い時間で終わらせました。私は彼女に、どの位の時間、橋の下に置き去りにされたか尋ねました。彼女はそれを知りません。私は彼女に推測してもらうと、彼女は一日だと思うと答えました。

その一日の間に、彼女が冷たくなってしまうのは明らかでした。

このようなトラウマ経験の隠れた記憶があるということから、他にも何かあったのではないかと推測しました。私は彼女に、私のところに来て、私の肩に手を乗せてみるように言いました。

彼女は「はい」と言いました。彼女はこのようなことをするのを、長い間ずっと待ち望んでいました。

彼女は私の肩に手を乗せました。私は彼女に、温かさを受け取るように言いました。しばらくの間、彼女はためらいました。彼女がそれをできるようになるには、少し時間がかかりました。彼女が温かさを受け取り始めると、彼女の呼吸はまるで幼児のように速くなりました。時間をかけ、ようやく彼女は、ゆっくりと呼吸をすることができました。私が彼女に何を感じるか尋ねると、彼女は、温かさを感じるけれど脚はまだ冷たいと答えました。私は彼女の脚に布を掛け、ワークを進めました。すると、彼女はお腹から音が聞こえると言いました。私が彼女に訳を聞くと、彼女は体重を落すために、きついダイエットをしていると教えてくれました。

これは、心理的な温かさへの飢餓状態を意味しています。私は彼女に、私の手を彼女のお腹に当ててもらい、温かさを吸い込むよう促しました。

私たちは、しばらくそうしていました。私は十分な温かさを渡して、手を戻しました。

彼女は多くのワークショップに参加してきましたが、彼女の問題に対して、このような対応があったのは初めてでした。

ここで行われたゲシュタルト療法のプロセスは「いま、ここ」で起きている関係や問題の背景、そして、何が失われているかということに焦点を当てることにより導かれました。気がついて欲しいこと、温かさを求めていること、空腹と過食、生き残ることなど、彼女が話してくれたことが意味を成し、明らかになりました。

そこで私は、一番深いレベルの認識を彼女にしてあげることにしました。それは、言葉をあまり必要とせず、触れるという行為です。なぜなら、赤ちゃんとのコミュニケーションは非言語で触れることだからです。

セラピーにおいて、手助けをすることは必要なことかもしれません。しかし、深くて大きな変化は人間関係から生まれます。クライアントが必要としているのは人間関係であり、それに同調することが大切です。その上で、その人のニーズにぴったり合った、それでいて深い影響を与える方法を見つけ出します。

2014年1月22日水曜日

ケース#23 - お父さんはアルコール中毒


メアリーは父親との関係で問題を抱えていました。

はじめに、私は彼女との繋がりを持つため、少し時間をかけて話をしました。私は、彼女が熱心で、オープンで、温かな印象があることに気がついていることを伝えました。

今度は、彼女が私の何に気がついているかを尋ねました。彼女はリラックスしていて、私が友好的だと思っています。

私は彼女に「私と彼女の父親」とを比べて、違うところと似ているところを尋ねました。

違うところは、彼女の父親は彼女が使うお金の額について批判すること、お酒を一度に大量に飲むこと、そしてそのことを心配して彼に伝えたこと。

似ているところは、彼女の父親は彼女をサポートしていて励ましていること。

それに加えて、彼女はこんなことを教えてくれました。彼女の母親は彼女を信頼していること。彼女に父親の愚痴をこぼすこと。そして、彼に腹を立てていること。

私は彼女に、身体の中にある感情を見つけるよう言いました。胸の中が詰まっている感覚、背中と首が緊張している感覚、お腹がきつい感覚があると彼女は言いました。

そこで、私は彼女の父親役を演じ、彼女が何を言うか見てみることにしました。

彼女の父親役として、私はこのように言いました。

私はあなたに一歩下がっていて欲しい。私は自分で選んだ人生を歩んでいる。あなたは自分の人生を手に入れる必要がある。

あなたの母親と私は、自分たちのやり方で歩んでいることを理解して欲しい。どうか私たちの関係を気にしないでください。

もしあなたの母親が、私のことであなたに愚痴を言うならば、一歩下がって、あなたの母親にその話は聴きたくないと言って欲しい。

私はひとつ言い終わるごとに、彼女がどう感じるかを尋ねました。彼女は解放されたと答えました。

最後に、私は彼女に、安心で解放されている感情に向かって、深く呼吸するように言いました。

彼女は父親との関係で悩んでいる別の問題を持ち出したいようでしたが、私はここで終わりにして、安心感をしばららく味わうように言いました。

このプロセスで、私は彼女の問題が父親との間で起きていることを知っていたので、二人の関係を直接扱いました。そして私は、このような立場でワークを進めました。そうすることで、彼女の問題が何であるかを容易に見ることができ、同時に体験することができました。

私が彼女の父親と違うところや似ているところを扱うことは、私と彼女の関係性を見ることができるだけではなく、私と彼女の父親を違う人間として認識することを意味しています。さらには、相互関係を築くという役割も果たしています。

明らかなことは、家族システムがメアリーを親の役割につかせていました。これは不健全です。

ですので、私が父親役をした時に、私がそれに関するメッセージを彼女に伝えると、彼女に衝撃が走りました。このケースで使われたメッセージは、ファミリーコンステレーションで使われるものに似ています。

アルコール中毒の問題があるのは明らかです。しかし、そこにあるすべての問題を一度に扱うことはできません。もっともはっきりしていることは、彼女が父親の面倒を見続けることを止めなければならないことです。彼女にとって必要なのは自分の人生に責任を持つことであり、それを認識することが、彼女自身が必要なものに注目することにつながります。

彼女が感じた安心感は、私たちが正しい方向に向かっていることを指しています。最初に確認した身体の感覚は、ワークを行う上での基準となり、変化を見るということに役立てられています。


2014年1月19日日曜日

ケース#22 - 家の外には狼がいる

マットは起業家として成功しています。彼は大人になってから、自分探しのためにセミナーに参加したり、自己啓発の本を読んだり、自分に確固たる勢いをつける努力をしたりして、多くの時間を費やしてきました。

最近離婚した彼は新しい相手と出会い、人生の新たな展開を経験しています。彼の前妻はとても批判的で、特に彼の金銭面や仕事ぶりに不満を持っていました。彼は社会を大切にしたビジネスを手がけた成功者でありますが、裕福ではありません。彼女は金銭面での成功を収めていないマットを、いつも攻撃していました。

彼は職場でパニックを起こした後、私に会いに来ました。彼はその日、無力感でいっぱいでした。

きっかけは、その日の朝に交わした前妻との会話でした。彼女は彼に、朝の予定を諦めて息子を迎えに行くように要求してきました。理由は、彼女の車を修理に出さなければならないからです。いつものように、彼女は彼に対して手厳しく、文句を言い、批判的でした。

最近は他にも、いくつかのことが起きました。彼は期待していた大きな契約を逃してしまい、持っている大きな口座の支払いが滞っていました。もちろん、彼は本を書いたり、キャリアアップをしたりと努力をしていますが、どれもすぐに収入に繋がるものではありませんでした。そして、以前行っていたベンチャービジネスのパートナーが彼を訴えている。気がつけば、銀行の口座には100ドルしか残っていませんでした。

私は彼に、話をしてみてどう感じるかを尋ねました。すると彼は、それぞれの事柄において過去に何が起きていたか、いくつもの歴史を事細かく話し始めました。私は彼の話を遮りました。そして彼に、身体が何を経験しているかを話すように促しました。

以前パニックになった時、彼の身体は拘束服のようだったと言っていました。いまは傷つきやすく、怯えている感覚を胸で感じています。

私は彼に、その感情に集中するように言うと、彼は熱を感じ、幾重にも重なった恐れがあることに気がつきました。彼は、それは外国の侵略者のようだと言います。

そして、彼はそれに対して、彼のお父さんが彼に与えていた「例え」を付け加えました。「家の外には狼がいる」

ふだん、彼が自信に満ちている時は、チャレンジすることに問題はありません。しかし、いまは自信がなく、狼が彼を襲うことができる状態です。

私は彼にこう伝えました。狼は家の外にいるというより、あなたのそばに立っているみたいですね。

そこで、私は彼に、狼が彼の上に覆いかぶさっていることを想像するよう勧めました。彼は「よだれが顔に落ちてくる」と言いました。私は彼に、身動きができないことを感じて狼の速い呼吸を聞き、顔にしたたるよだれを感じるよう言いました。さらに、私は彼に深く呼吸をして、恐怖を身体で感じ、その感覚に留まるよう言いました。私は彼に、身体で大きなエネルギーを感じることができるはずだけど、耐えられない時はいつでも止めることができることを伝えました。

彼がそのようにすると、身体全体がギュッと痙攣(けいれん)しました。しばらくして彼は目を開き、身体の中に大きなエネルギーを感じて驚いたことを教えてくれました。

そして私は、彼に狼になりきってもらい、クライアントであるマット自身の上に覆いかぶさって、よだれを垂らすよう促しました。私は彼に、マットに話しかけ、メッセージを言うように言いました。

しばらくして彼は目を開き、ハッとしたように言いました。「その狼は賢い狼だ!」

彼は自分が羊であったことに気がつき、ゆえに彼は弱く、決断力がなく、傷つけられやすく、自信は損なわれていました。その狼はもう一人の彼であり、個人においても仕事においてもパワーに満ち溢れ、直面した事にチャレンジすることができる性格です。

この一連のプロセスは、身体が経験していることをもとに、それが誰であるか識別しています。「侵略」という言葉に沿ってワークを進めると、その意味は「わかりやすい危険」というものよりも深刻で「目の前に迫った危険に対する恐怖」であることが分かりました。

ゲシュタルト療法では、十分なサポートをしながら危険に対してにあえて踏み込みます。その上で心の反対側に存在する危険な部分に触れ、結果として、分裂してしまった二人の彼に癒しをもたらします。

2014年1月16日木曜日

ケース#21 - ワイルドウーマン

シンシアは最近、三番目の夫と離婚しました。二人は20年間、生活を共にしてきました。彼女は夢のワークを希望しています。

私は彼女が見た夢を、まるでいま起きていることのように詳しく現在形で話すように伝えました。

彼女は言いました。

私はソファで寝ています。彼が来て私にハグとキスをしています。彼は私に、大きな納屋付きの新しい家を安く買ったと言っています。その家には、新しいバス・トイレ付きのベッドルームがあります。

私たちは自宅に向かって歩いていて、そこには男の子がいます。男の子は大きな木材を持っていて、窓からその木材を投げています。夫のジョンがやって来ました。すると、彼の電話が鳴りました。彼はプライバシーがほしいと言ったので、私は彼に新しいガールフレンドができたと思いました。

私はシンシアに、夢の中に登場した人やものになって表現するように伝えました。

最初は家です。彼女は言いました。私は新しくてピカピカで上等です。いままでの古い家よりもずっと良いです。幸せで大きくて広々としています。

次はジョンです。私は幸せです。家が欲しい。それを買えるなんて夢のようだ。私は強くてやりたいことがある。

そして、窓から放り投げられた木材。私は固くて強い。古い家には何の価値もない。大きな音を出して、その家が壊れていることを証明する必要がある。

そして、男の子。夢の中では13歳。私はいたずら好きで強い。

そして、夫の新しいガールフレンド。私は興味津々で好奇心が強い。

シンシアは、夢に登場したものについて彼女の解釈を私に伝えようとしたので、本来のやり方を教える必要がありました。ゲシュタルト療法が求めるものは直接の経験であり、すでに出来上がってしまった判断や関連性は必要としていません。私は彼女に、それぞれの夢のパーツになりきるように導き続けました。そして、考えて出てきた言葉ではなく、何を感じているかを尋ねました。

私は彼女に、どれが一番気になったのか尋ねました。彼女は柄にもなく、遊び心に満ちた男の子だと答えました。

私は彼女の答えに関連して、こんな質問をしてみました。いまの彼女の人生で、柄にもないこととは何ですか?

シンシアは答えました。一晩中起きて、焚き火をして、月明かりの下のビーチでパーティをして、それからビーチで寝ること。

彼女は、そこにジョンを連れて来たいと言いましたが「彼は私の中にあるワイルドウーマンを見たくはないわ。彼は私に対して特定の振る舞いを望んでいるの」と諦めている様子です。

彼女は何年もの間に渡って、彼をロックンロールのダンスに誘いましたが、彼は一緒に行ってくれず、最後には諦めてしまったと説明してくれました。

私は彼女に、我慢せずにダンスのクラスに自分一人で行くよう助言しました。

そして、今度はジョンに対して、柄にもなくワイルドな言葉を言うことを想像するよう言いました。私がジョンの役を演じ、彼女が私に直接その言葉を言います。

二人で仕事を辞めて、ヨットを購入して航海しましょう。風が私たちを運んでくれる場所まで。私は料理をします。そして、二人で詩を書きましょう。

次に、私は彼女に、もっと挑戦的で強い内容のことを彼に言うように勧めました。

彼女は彼にこう言いました。最後の数年は、彼のドラッグ癖にうんざりして無駄な時間を過ごしたこと。彼にもっと他のことをして欲しかったこと。約束はいらない。行動で示してほしい。

彼女は言いたいことがとてもはっきりしていて、しっかりしていました。私は彼女に感想を伝えました。いつもは難しい態度のジョンでも、私が絶対に攻撃しない彼を演じるという環境で、彼女は直接的な言葉を語ってくれました。私は感謝の意を伝えました。

私は彼女に、もっと強く、辛らつに、ワイルドになるよう促しました。

彼女は彼女自身について、もっと言葉を発し、限界が何かを言いました。

私はまた感想を述べました。

彼女は自分の強さを感じました。

ゲシュタルト療法では、目の前に出てきた人物について探るという試みがなされます。夢の中では多くの人物が登場しますが、今回は彼女とは逆の性格で、彼女にとって一番エネルギーを持っている人が選ばれました。

このことは、良くも悪くも彼女をワイルドで強く、そして彼女を前進させるという転機となりました。

私自身も彼女の夫を演じて、感想を述べるという試みを行いました。これは彼女にとって現実味のある経験となり、新しい行動を安心して試すという感覚を創り上げました。

ゲシュタルト療法は、サポートを得ながらいつもとは違う事を試し、意識の中に浮上した重要な問題に焦点を当てます。夢を元にワークすることは、それらの問題にアクセスする良い手段と言えます。

2014年1月1日水曜日

ケース#20 - 凍った蓋

ジェーンはワークショップのグループでシェアをしていて、感情を刺激されていました。彼女は震えながら私の元にやって来ました。彼女はその話題について話したくないと言っています。もちろん、それで構いません。それは、エネルギーを使ったワークでした。私は彼女に、何を経験したか尋ねました。彼女は凍りついたことを話しました。私は彼女が感じたものを、何かに例えて表現してもらいました。彼女は凍りついた蓋だと言います。私は彼女に、身体のどこでそれを感じるか尋ねたところ、お腹の下のあたりと答えました。

私は彼女に、その蓋になって話してみるよう勧めました。「私は凍りついた蓋です」彼女は、蓋である彼女が塞いでいる「縁(ふち)」について話し始めました。

そこで私は、彼女に縁になってもらい話してみるよう勧めました。「私は縁です」すると彼女は、縁が意味するものを話し始めました。

私は彼女に、片手を凍った蓋があった場所に置いてもらい、もう片方の手を縁があった場所(身体の横)に置いてもらいました。それらの場所に向かって呼吸をします。こうすることにより、彼女の感情は深められました。彼女の脚が震え始めたので、それをしばらく続けるよう勧めました。

彼女は深い悲しみを感じて泣いていました。しかし、何も表現することができません。

私は彼女に、両方のつま先をくねくね動かしてみるように言いました。彼女はなかなかそうすることができません。片方の足でそうするのが精一杯です。しばらくそうした後、私は彼女をサポートして、彼女はもう片方の足でそうすることができました。

すると彼女は、何度もげっぷをし始めました。これは彼女にとって、慣れ親しんだ感覚だと言います。

身体に起こる現象としての「げっぷ」は、最高の開放を意味しています。それは、表現することへの前兆とも言えます。

案の定、彼女はエネルギーが上がっていく感覚を持ち始めましたが、言葉になるには至っていません。彼女にもっと開放するように促すと、彼女は徐々に自分の感情について言葉を出し始めました。私は彼女に、彼女を傷つけた本人がここに居ることをイメージするように伝えました。そして、いま浮かんだ感情を言葉にして直接その人に向かって言うように勧めました。

これが、彼女が長年の間、静かに持ち続けていた痛みの最後となりました。

彼女の感情を、蓋や縁といった例えを使って尋ねることにより、彼女の本心と直接対話することができました。彼女は最初、感情の表現をぼかしていたり、避けていました。もちろん、誰も心の痛みを進んで感じたい人はいません。このワークでは、彼女が蓋や縁を自分自身の中に持っていることについて聴くことにより、彼女に気づきを与えることになりました。

持ち上がったエネルギーと身体の感覚をサポートすることにより、思考のプロセスを完全に無くし、自然な展開が起きました。身体に起きていることに注目すれば、これは訪れます。なぜならば、身体はいつも癒しを求めているからです。

© Lifeworks 2012

Contact: admin@learngestalt.com

このような方に読んでいただきたいブログです。

このブログに掲載されている事例を、セラピスト、学生、そして支援職の方々に捧げます。その目的は、ゲシュタルト療法のアプローチが、どのように実践されているかを知っていただくためです。

登場する事例は、プロの方々に向けて書かれており、定期購読することができます。メールアドレスを登録していただくと、新着情報を無料で受け取ることができます。

Enter your email address:

Delivered by FeedBurner

© Lifeworks 2012

Contact: admin@learngestalt.com

言語

HOME

Informed Consent & Rates

PROFESSIONAL TRAINING

Gestalt Therapy Defined

PROFESSIONAL SERVICES

PAYMENTS

OTHER STUFF

Links

Book:Advice for Men about Women

BLOGS

• English

Bahasa

Čeština

Deutsch

Español

Français

Greek ελληνικά

Hindi हिंदी

Magyar

Melayu

Italiano

Korean한국의

Polski

Português

Română

Russian Русский

Serbian српски

Chinese 中文

Japanese 日本語

Arabic العربية

English Bahasa Čeština Deutsch Español Filipino Français ελληνικά हिंदी Magyar Melayu Italiano 한국의 Polski Português Română Русский српски 中文 日本語 العربية

If you are interested in following my travels/adventures in the course of my teaching work around the world, feel free to follow my Facebook Page!

vinaysmile

私は週二回、このブログを公開し

logosm1

Gestalt therapy sessions

For personal therapy with me go to: www.onlinetherapy.zone

Links

Career Decision Coaching

Here

and here

Lifeworks

Gestalt training and much more

http://www.depth.net.au

For Men

Here is a dedicated site for my book Understanding the Woman in Your Life

http://www.manlovesawoman.com

The Unvirtues

A site dedicated to this novel approach to the dynamics of self interest in relationship

http://www.unvirtues.com

Learn Gestalt

A site with Gestalt training professional development videos, available for CE points

http://www.learngestalt.com

We help people live more authentically

Want more? See the Archives column here

Gestalt therapy demonstration sessions

Touching pain and anger: https://youtu.be/3r-lsBhfzqY (40m)

Permission to feel: https://youtu.be/2rSNpLBAqj0 (54m)

Marriage after 50: https://youtu.be/JRb1mhmtIVQ (1h 17m)

Serafina - Angel wings: https://youtu.be/iY_FeviFRGQ (45m)

Barb Wire Tattoo: https://youtu.be/WlA9Xfgv6NM (37m)

A natural empath; vibrating with joy: https://youtu.be/tZCHRUrjJ7Y (39m)

Dealing with a metal spider: https://youtu.be/3Z9905IhYBA (51m)

Interactive group: https://youtu.be/G0DVb81X2tY (1h 57m)